• EVENT
  • 2018.05.21
  • キース・ヘリング生誕60年記念 特別展「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」

  • 期間:2018年8月9日(木)~2018年8月19日(日)

表参道ヒルズでは、8月9日(木)から8月19日(日)の期間中、本館B3F スペース オーにて、2018年に生誕60年を迎える伝説のストリートアーティスト、キース・ヘリングの特別展「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」を開催します。

ウォーホルやバスキアなどと同様に、1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリング。ニューヨーク地下鉄構内の広告板に落書きをする《サブウェイ・ドローイングス》というグラフィティ・アートで一躍脚光を浴びた彼は、1990年に31歳の若さで亡くなるまで、絵画や彫刻、アニメーション、レコード・カバーに至るまで幅広い作品を残しました。中でもポスター・アートに注目したヘリングは、核放棄やエイズ予防、LGBTのカミングアウトを促すナショナル・カミングアウト・デイなどの社会的な作品から、アブソルート・ウォッカやスウォッチなどの商業的な作品まで、ポスターだけで100点以上を制作しました。また、「アートはみんなのもの」をモットーに、1986年にオリジナルグッズを発売する《ポップショップ》をニューヨークに開店。1988年にはニューヨークの1号店に続き東京・青山にもショップをオープン。当時ストリートパフォーマンスが流行していた表参道の歩行者天国で、路上にチョークでドローイングをするパフォーマンスも行い、話題を呼びました。

kieth_pic1

表参道で披露したパフォーマンスの写真(世界初公開) 1988
Photo by © Akira Kishida

ポスター

ポスター
National Coming Out Day..., 1988

ポスター

ポスター
Fill Your Head with Fun!
Start Reading!
, 1988

本展では、中村キース・ヘリング美術館が所蔵するオリジナルポスターをはじめ、ハウスミュージックやパンクロックのレコード・カバーなど、約70点を東京で初展示。また、彼が表参道の路上にドローイングする貴重な姿を捉えた秘蔵写真約30点を世界初公開します。その他、会場内には《ポップショップ》を彷彿させるブースが登場し、グッズ販売も実施。
多様な作品群から社会のスポークスマンとしてヘリングが送り続けたビジュアル・メッセージを読み解きます。

ポスター

ポスター
Keith Haring
for Emporium Capwel
, 1985

ポスター

ポスター
Club DV8 Unveils the Keith Haring Room, 1986

レコード・カバー

レコード・カバー
Duck Rock, Malcolm McLaren, 1983

期間 2018年8月9日(木)~2018年8月19日(日)
時間 11:00~21:00(入場は閉場30分前まで)
※8月12日(日)は20:00まで 最終日8月19日(日)は18:00まで
場所 本館B3F スペース オー
料金 無料
お問合わせ先 03-3497-0310(表参道ヒルズ 総合インフォメーション)
主催・協賛など 主催:表参道ヒルズ
特別協力:中村キース・ヘリング美術館
備考 <ご来場者様へのお願い>
●美術作品の保全、鑑賞環境維持等のために、スタッフが「お声がけ」する場合があります。予めご了承ください。

●以下の行為はご遠慮ください。
・大きなお手荷物(スーツケース・傘など)の持ち込み
 ※スーツケースなどのお預かりは行っておりません。
  本館B1Fのコインロッカーまたは近隣のコインロッカーなどをご利用ください。
・ペットを連れての入館(盲導犬・誘導犬等を除く)
・喫煙、飲食(ガム・飴を含む)
・美術作品、展示ケースに触れること
・鉛筆以外の筆記用具の使用
・三脚・一脚・自撮棒等の撮影補助器具を使用しての撮影
・フラッシュを用いての撮影
・大きな声での会話
・会場内を走るなどの行為
・他のお客様の迷惑になる行為

●お買い上げ金額に対しての【ヒルズカードサービス(ポイントサービス等)】および【駐車場割引サービス】は行っておりません。

●【お買い物券】、【ショッピングチケット】等につきましても、ご利用いただけませんので予めご了承ください。

●会場内の混雑状況により、入場制限を行う場合があります。予めご了承ください。

EVENT&TOPIC

FEATURE

VIEW ALL
VIEW ALL

HILLS LIFE DAILY外部リンク

このコンテンツは自動翻訳システムによる機械翻訳のため、完全に正しい翻訳を提供できない場合があります。
あらかじめご了承ください。