開発経緯

開発コンセプト

  • 表参道との景観の調和
  • 独創的なスパイラルスロープ(第二の表参道)
  • ケヤキと暮らす住宅
  • 安全で災害に強い街づくり
  • 緑を育む屋上庭園
  • 外壁の一部を再生
  • 景観、環境への配慮

    当施設は歴史ある表参道の景観と環境との調和を第一に考え、設計に建築家の安藤忠雄氏を起用しました。地下空間を最大限効果的に活用することで建物本体の高さをケヤキ並木と同程度に抑えるとともに、積極的に屋上緑化を実施。2007年4月には北側の壁面緑化を行い、四季折々に彩を添える7種類の植栽を植え、ケヤキ並木と融合する緑豊かな景観を生みだしました。また、人々の記憶に刻まれた景色を次の世代に継承したいという思いから、旧同潤会青山アパートを“同潤館”として再生、さらに雨水を利用した“疎水”などによる新たな環境配慮など、街の歴史や文化を大切に育みながら、いつまでも多くの人々に親しんでいただけるよう、様々な工夫を施しています。

    地域への貢献

    地下4階~地下6階の駐車場(全196台、その他住宅用20台)や、表通りから施設北側に抜ける歩行者用貫通通路の設置により地域の利便性に寄与するとともに、防災用井戸の設置などにより防災拠点としても機能します。

    住宅

    建物上層部に配置された住宅は総戸数38戸、住戸プランは1LDKを中心に全戸南向きで、窓からはケヤキ並木を臨むことができます。

    事業経緯

    1927年 同潤会青山アパート完成
    1968年頃 同潤会青山アパート建替への取組み開始
    1995年 阪神淡路大震災を契機に建替機運高まる
    1998年 設計を安藤忠雄氏に依頼、東京都より底地払い下げ実施
    2001年4月 神宮前四丁目地区市街地再開発準備組合設立
    2002年3月 神宮前四丁目地区第一種市街地再開発事業に関する都市計画決定
    2002年10月 神宮前四丁目地区市街地再開発組合設立
    2003年3月 神宮前四丁目地区第一種市街地再開発事業に関する権利変換計画認可
    2003年8月 建物工事着工
    2006年1月 建物竣工
    2006年2月 表参道ヒルズグランドオープン

    建物概要

    所在地 東京都渋谷区神宮前4-12-10
    区域面積 約1.2ha
    敷地面積 6,051.36m²
    建築面積 5,030.76m²
    延床面積 34,061.72m²(駐車場含む)
    階数 地上6階、地下6階
    構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造、及び鉄骨造
    最高高さ 23.3m
    最高深さ 31.4m
    用途 店舗、共同住宅、駐車場、公衆便所
    店舗 24,666.46m²(地下3階~地上3階)
    住宅 3,262.14m²(38戸/西棟 地上3~4階、東棟 地上4~6階)
    駐車場 店舗用196台(客用182台、荷搬用10台、管理用4台)、住宅用20台
    駐輪場 店舗用74台、住宅用38台
    事業手法 都市再開発法に基づく第一種市街地再開発事業(組合施行)
    竣工 2006年1月
    設計者 安藤忠雄建築研究所・森ビル設計共同企業体
    施工 株式会社大林組・株式会社関電工・高砂熱学工業株式会社・三建設備工業株式会社
    事業主 神宮前四丁目地区市街地再開発組合

    このコンテンツは自動翻訳システムによる機械翻訳のため、完全に正しい翻訳を提供できない場合があります。
    あらかじめご了承ください。