• EVENT
  • 2019.11.13
  • CHRISTMAS ILLUMINATION「Brilliant Aqua Tree」

  • 期間:2019年11月13日(水)~12月25日(水)

「Brilliant Aqua Tree ~水の魔法にいざなわれるクリスマス~」をテーマに、
絶え間なく変化するクリスマスイルミネーション

この冬のクリスマスイルミネーションは、コンテンポラリーデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」を起用。同デザインスタジオは、日常の中に潜む事象や驚きを表現し、見る人に新しい視点と価値を提示するような作品をミラノ・サローネなど国内外で発表しています。今回、表参道ヒルズでは「水」の特性を活かし、表情が変わり続ける独創的なイルミネーションをお届けします。
本館 吹抜け大階段には約40個の特殊な水槽に囲まれた高さ約7mのクリスマスツリーが登場。天井部には、水槽をイメージしたゴールドのフレームをオブジェとして装飾し、吹抜け空間全体をダイナミックに彩ります。
大小異なるサイズの水槽に入っているのは、「吸水性ポリマー」。この「吸水性ポリマー」は透明度が非常に高く、水中では水の屈折率と近い屈折率を持ち、水と一体化し見えなくなる特性があります。そのため、水槽内の水量が増えるにしたがい「吸水性ポリマー」の輪郭が消え、水槽の奥にあるクリスマスツリーもくっきり見えてきます。各水槽の水量が音楽にあわせて順々に変化していくのと共に、LEDライトで光り輝くクリスマスツリーも、はっきりその姿が浮かび上がったり、モザイク調に見えたりと刻々とその見え方が変化します。瞬間ごとに変化し続けるクリスマスツリーは、時間を忘れてその変わりゆく様子をずっと見つめていたくなるような、幻想的な美しさです。
さらに30分ごとに実施する約5分間の特別演出では、音と光の演出と共にクリスマスツリーの見え方がダイナミックに変化します。
今年のクリスマスは、見る場所や時間によって表情がさまざまに変化する水の魔法にいざなわれるような神秘的なイルミネーションを、表参道ヒルズでお楽しみください。

水槽の水位が最も下がった時(イメージ)
水槽の水位が最も上がった時(イメージ)
水槽の水位がランダムに変化し、
光の演出が加わった時 (イメージ)

吸水性ポリマーについて

「we+(ウィープラス)」が、表参道ヒルズで、他にはないクリスマス演出を表現したいと実験を重ね、注目したのが、日用品として知られる「吸水性ポリマー」。自重の数百倍から数千倍もの水を吸収・保持できる樹脂で、身近なところでは、保冷剤や芳香剤の材料として使用されています。透明度が非常に高く、水中では水と一体化し見えなくなるという素材の面白さを最大限に生かすことで、最旬の「カルチャー・アート」の発信拠点を目指す表参道ヒルズならではの独創的なイルミネーション空間を作りました。

クリスマスイルミネーション デザイナー

we+ (ウィープラス)/コンテンポラリーデザインスタジオ
林登志也と安藤北斗により2013年に設立。リサーチと実験に立脚した独自の表現手法で、新たな視点と価値をかたちにするコンテンポラリーデザインスタジオ。Gallery S. Bensimon(パリ)やRossana Orlandi(ミラノ)などのデザインギャラリーに所属。国内外での作品発表のほか、多様なバックグラウンドを持つメンバーそれぞれの強みと、日々の研究から得られた知見を生かし、インスタレーションをはじめとしたコミッションワーク、ブランディング、プロダクト開発、グラフィックデザインなど、さまざまな企業や組織のプロジェクトを手がける。「ELLE DECOR Young Japanese Designer Talent」ほか、「KUKAN DESIGN AWARD」金賞、「DSA Design Award」金賞など、国内外で受賞多数。

期間 2019年11月13日(水)~12月25日(水)
時間 11:00~23:00
※特別演出 初回11:30 最終回22:30(約5分間・30分ごとに実施)
※11月13日(水)は点灯式開催のため、通常の点灯は15:00ごろからを予定しています。
※日曜日(12月22日を除く)は点灯時間が22:00までとなり、特別演出の最終回は21:30となります。
場所 本館 吹抜け大階段

EVENT&TOPIC

VIEW ALL
VIEW ALL

FEATURE

VIEW ALL
VIEW ALL

SHOP NEWS

VIEW ALL
VIEW ALL

HILLS LIFE DAILY外部リンク

このコンテンツは自動翻訳システムによる機械翻訳のため、完全に正しい翻訳を提供できない場合があります。
あらかじめご了承ください。