FEATURE

聖誕節視覺製作的背後 兩位創作者交談

聖誕節視覺製作的背後兩位創作者交談


2019.11.13

聖誕大戰幕後花絮

時尚,藝術,文化...聖誕節視覺效果由如今在東京不可或缺的創作者創作,自由穿越各個領域。我們有兩個人談論視覺創作的背景。

聖誕大戰幕後花絮

時尚,藝術,文化...聖誕節視覺效果由如今在東京不可或缺的創作者創作,自由穿越各個領域。我們有兩個人談論視覺創作的背景。

聖誕節

花とクリスマスと女性、というお題をいただいてさてどうやってそれをひとつの絵にしようかなと考えた。クリスマスに近づくにつれ色を帯び、人々の期待と高揚感を映し出すかのように街は輝き始める。それを眺めるのは嫌いじゃないけど、私がクリスマスを思うとき頭に浮かぶのはまだサンタクロースの存在をかたく信じていた頃の、静かで淡い幼い記憶だ。枕元のプレゼントが気になってとんでもなく早起きした静かな朝のことや、サンタクロース宛に書いた手紙を暖炉に置いた緊張感や、終わりゆくクリスマスという楽しみが過ぎ去る寂しさを思い出す。私にとってクリスマスはまだ幼きあの頃にあって、非常にパーソナルな情景の中の一つであり続けている。だから今回のビジュアルの私の裏テーマは"みんなのクリスマス"ではなく"自分の中のクリスマス"にしようと思った。誰の中にもある淡くしんとした気持ちを描こうと。記憶とは不思議なもので、時が経ってもなお心を支配するほど強く時に狂暴なほどエネルギーを持つのに対しその輪郭は極めて柔らかくあやふやで形を成さない。手が届きそうで届かない、そんな空気の裏側みたいな、無意識に湧く感情みたいな、形はないのに確かにそこにあるものが写せたらいいなと。撮影の日、白色塗料でさらに白く化粧されたカスミソウを帯状にしドレープを寄せ越智くんがその場でドレスを組み上げていく。広く大きな漆黒の背景の前に座った彼女の、肌と髪と花の隙間を工藤くんが軽やかにそして丁寧にシャッターを切りおさめてくれた写真たちはクリスマスのあの切なさも、あたたかな煌めきそのどちらともが映し出されていて、ああ、この写真が街を彩る時この花のドレスがまた誰かのクリスマスの記憶の一部になれたらいいな、と思った。記憶はこうして無言のまま人から人へ伝わっていくのだろうか。今年のクリスマスも人々が楽しく平和に過ごせるように祈りを込めて

eri(DEPT)
他從學生時代起就開始了“ CHICO”,2004年開始擔任“母親”,2012年開始擔任“ VTOPIA”。在15年的時間裡,他重新開了一家名為DEPT的古董店,父親開了一家店,然後停下來。他還是餐具品牌“ TOWACERAMICS”,台灣糖果咖啡館“ Myoten Yoshiyoshi”和百貨商店“ DONADONA TOKYO”的總監。

我想做一件花裙子

“我想為聖誕節做一件花裙子” –有人告訴我,秋天的陰影仍然很稀薄,強烈的陽光仍在繼續。哇!我很高興我回答了“請!”,而沒有回复時間表。然後,“所以,我想請您與DEPT的eri一起工作。” —我認為這已經是100個人(也許是100萬馬力),我將努力乘坐一艘大船。 (Eri與公共部門和私營部門都進行了深刻的互動,並且對製造的態度及其質量有著壓倒性的信任)。精神!幾天后的簡短會議。也許背景是這樣的……或者花是這樣的……還是這張照片是這個人拍攝的(我問工藤的工藤塚菜) ...我談到了。在這一點上幾乎沒有決定,但它仍然是抽象的。但是,從會議到拍攝的時間表非常接近,因此我可以急於與eri共享一些東西,安排拍攝材料,並用鮮花製作樣品來製作禮服零件同時,射擊之日很快就到了。儘管我有點擔心Vivid的創造力,但我想像的是拍下《泰坦尼克號》(撒謊)並開始緊張地射擊。然後,奇怪的是,每一個動作都毫不猶豫地進行,然後反復進行,您可以以驚人的速度拍攝。當eri-san的具體願景與工藤坤的觀點聯繫在一起時,這比我想像的生動得多! -小滿天星的花朵在你面前像雪一樣搖曳。我對聖誕節閃爍在胸前的預感感到滿意。我希望看到它的人能收到這樣的預感。

大內康隆(DILIGENCE PARLOUR)
一家花店“ DILIGENCE PARLOUR ”的所有者,以及歐洲有限公司的代表。在從事花店工作的同時,他還在各種媒體上撰文。 2016年在OMOTESANDO HILLS開設了一家旗艦店,並於2019年開設了一家世界貿易進口綜合商店``DONADONA TOKYO''

>>點擊此處,了解“ OMOTESANDO HILLS 2019聖誕節”的詳細信息

<聯繫信息>
OMOTESANDO HILLS(一般信息)
電話:03-3497-0310
http://www.omotesandohills.com/

此內容是機器翻譯通過自動翻譯系統,你可以不能夠提供一個完全正確的翻譯。
請注意。